2022.06.20 | HOW TO

眼鏡の上からかけるサングラスってどう?使い勝手や選び方を紹介

普段度入りの眼鏡をかけている人は、サングラスも度入りのものが必要になります。そこで、おすすめしたいのが、眼鏡の上からかけられるタイプのサングラスです。理由は普通のサングラスよりもメリットが多いからです。今回は眼鏡の上からかけられるサングラスに焦点を当てて、種類をはじめ、使い勝手や選び方などを紹介します。

眼鏡の上からかけるサングラスの種類

眼鏡の上からかけるタイプのサングラスは「オーバーグラス」と「クリップオンサングラス」の2種類です。それぞれの概要を紹介します。

オーバーグラス

オーバーグラスはサングラスや偏光グラスの一種で、眼鏡の上からかけると光の反射を抑えてくれます。そのため、視界をクリアにするというサングラスや偏光グラスと同じ機能が得られるのです。眼鏡の上からオーバーグラスをかけると下に眼鏡をかけていることがわかりません。まるでサングラスだけをかけているかのように見えるのです。そのため、スタイリッシュに見せることができます。

ただし、大半のオーバーグラスはサイズが大きく、鼻にかかる圧力も高いというデメリットがあります。汗をかくと、オーバーサングラスがズレやすいため、注意しましょう。

クリップオンサングラス

クリップオンサングラスは眼鏡に直接取り付けるタイプのサングラスで取り外しは簡単に行えます。その中には、サングラスの跳ね上げ機能が付いたものもあり、サングラスを上に跳ね上げることによって眼鏡の機能のみを使うことができます。そのため、眼鏡とサングラスの切り替えが素早くできるというメリットがあります。

また、クリップオンサングラスにはテンプルがありません。そのため、装着しても、鼻や耳に重さを感じずストレスが軽減します。

クリップオンサングラスの魅力

眼鏡とサングラスの使い分けがスムーズにできるクリップオンサングラス。使い勝手の良いその魅力についてご紹介します。

度付きメガネを手軽にサングラスに切り替えできる

普段度入りの眼鏡をかけている場合、サングラスも度入りでないと不便です。その点、クリップオンサングラスは普段使っている眼鏡の上から簡単に装着することができるので新たに度入りのサングラスを作る必要がありません。常に眼鏡をかけている人であれば、ケースに入れてクリップオンサングラスを持ち歩くとよいでしょう。

シーンに合わせて気軽に使い分けが可能

クリップオンサングラスの着脱は簡単なのでサングラスの機能がほしいときに手軽に付け替えることができます。さらに、跳ね上げ式のクリップオンサングラスを使えば、眼鏡をかけた状態でサングラスを使ったり使わなかったりすることが簡単にできます。複数のクリップオンサングラスを持っていれば、TPOやファッションに合わせたコーディネートを楽しめます。

サングラスを何本も購入するよりリーズナブル

度入りのサングラスは高額です。そのため、さまざまな色や機能がついたサングラスを複数本、購入するのはお財布に厳しいものがあります。しかし、付け替え用のクリップオンサングラスであれば、度数が入っていないので1枚あたりの値段が安く済みます。

クリップオンサングラスはオプションでレンズの色を変えたり、UVやブルーライトカットなどの機能を付け加えたりすることが可能です。欲しい色や機能に合わせて購入してみてはいかがでしょうか。

シーン別 クリップオンサングラスの選び方

クリップオンサングラスは使うシーンに合わせて選ぶようにしましょう。次からシーン別に適したクリップオンサングラスを紹介します。

アウトドアスポーツ

アウトドアスポーツを思う存分楽しむには、光の反射を抑えてくれるサングラスが必須です。スポーツのなかでも、特にサングラスが活躍してくれそうなのがゴルフです。ゴルフ場には芝生や池の水面の反射光などがあります。しかし、サングラスをかけることで、こうした反射光を抑えて、視界をクリアにしてくれます。

また、クリップオンサングラスの場合、眼鏡と一体化するため、かけても違和感がなく、スイングの邪魔にもなりません。クリップオンサングラスを選ぶときは、より強い陽射しがカットできる可視光線透過率8~30%程度の低めのものにしましょう。

釣り

釣りをするときに気になるのが、川や海の水面のギラつきです。しかし、偏光グラスをかければ、水面の反射を抑えることができ、水中にいる魚の動きや地形の変化が見えやすくなります。また、釣りをするときは、天気によってクリップオンサングラスの色を使い分けることをおすすめします。

たとえば、晴天~曇天の日は特に水面のまぶしさが気になるものです。そのため、反射を抑えてくれるグレー系のレンズがよいでしょう。イエローやグリーン系のレンズは水面が濁る曇天~雨天に力を発揮します。オレンジやブラウン系をかければ、水中にいる魚の形がよりクリアに見えます。クリップオンレンズであれば、普通のサングラスよりも安く購入できるため、天気によって使い分けるのもおすすめです。

運転時

自動車を運転しているときに困るのが、路面の照り返しや太陽の眩しさです。クリップオンサングラスをかければ、こうした光の反射を抑えてくれるため、運転がしやすくなります。とはいえ、日中でも暗いトンネル内を走行することもあるでしょう。レンズが暗すぎると、トンネル内の運転がしづらくなります。暗すぎず明るすぎないバランスの良いレンズの色を選ぶことをおすすめします。

夜間に運転するときは、対向車のライトが気になるものです。イエローやオレンジ系のレンズをかければ、こうしたライトの反射を抑えることができます。また、黄色や赤色がクリアに見えるクリップオンサングラスを選ぶことも大切です。なぜなら、信号や標識は注意喚起の黄色や赤色が使われているからです。さらに、目が疲れにくい偏光度が高いものを選ぶようにしましょう。

パソコンを使うとき

長時間パソコンやスマートフォンを使う人は、青色の可視光線(ブルーライト)をできるだけカットした状態で画面を見ることをおすすめします。というのも、ブルーライトは目の健康に良くないといわれているからです。クリップオンサングラスにはブルーライトをカットする機能が付いたタイプがあります。長時間パソコンを使うデスクワーカーは、ブルーライトカット率の高いタイプがおすすめです。

OWNDAYSで扱う眼鏡の上からかけるサングラスの特徴

OWNDAYSでは度入りの眼鏡本体とクリップオンサングラス(スナップレンズ)1枚をセットにして販売しています(セット販売のため、フレームとスナップレンズの組み合わせを変えることはできません)。さらに、一部商品は別売りでスナップレンズだけを購入することも可能です。そのため、使うシーンやファッションに合わせてスナップレンズを替えることが手軽にできます。

OWNDAYSのスナップレンズには、さまざまな色合い(イエロー系・オレンジ系・ブラウン系・グレー系・ブルー系など)や機能があります。タイプも日常生活で使うことができる定番タイプをはじめ、シャープなシルエットが魅力のビジネスタイプ、流行に左右されないクラシックなシルエットにトレンドを加えたタイプなど、さまざまです。スナップレンズにはマグネットが付いているため、1秒で簡単に装着できます。

OWNDAYS SNAP
マグネットで1秒装着!
シーンに合わせて簡単に着脱できる2WAYグラス

眼鏡の上にかけるサングラスは使い勝手の良いアイテム

眼鏡の上から装着可能なクリップオンタイプのサングラスは、ワンタッチで普段の眼鏡がサングラスになります。そのため、シーンやファッションに合わせてレンズを簡単に替えられるのが魅力です。OWNDAYSには、クリップオンタイプのサングラスも購入できるデジタルチケットがあります。メッセージを添えて、大切な人へプレゼントで贈ってみてはいかがでしょうか。

記事一覧に戻る
TOP

TOP