2021.11.18 | FASHION

ラウンド型サングラスがレトロでおしゃれ!選ぶときのポイントを徹底解説!

サングラスをかけたときに、「顔立ちがきつく見えてしまう」と悩んでいる人はいませんか。そのような場合は、優しい印象を与える「ラウンド型」を選んでみると良いでしょう。一般的に、ラウンド型は個性的と思われがちですが、ポイントを押さえればおしゃれを楽しむことができます。そこで、この記事ではラウンド型サングラスが似合う顔型や選ぶときのポイントについて詳しく解説します。

サングラスのラウンド型とは

ラウンド型サングラスは、フレームが丸い形のサングラスです。第二次世界大戦以前の主流で、レンズの成形技術がまだ発達していなかった時代にフレームへそのままはめて製造されていたことが起源になっています。日本でも、明治から昭和にかけて活躍した歴史的人物がラウンド型サングラスをかけている写真を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。丸い形は、平和の象徴とされ特に1960年代に流行しました。

ラウンド型サングラスの愛好者の中には、親しみを込めて「ロイド型」と呼ぶ人もいます。これは、かつてアメリカの喜劇役者ハロルド・ロイドが愛用していたことが由来です。古き時代から愛用されてきたラウンド型サングラスは、レトロ・ヴィンテージの雰囲気があるおしゃれアイテムになっています。

ラウンド型サングラスが人気の理由!

ファッション最先端の海外セレブやモデルなどの間でレトロブームとなり、ラウンド型サングラスも注目を浴びることになりました。サングラスは、大きめレンズが流行中で、ラウンド型はその条件にぴったりマッチした形状です。曲線のフレームがおおらかで、より優しい印象を与えることや小顔効果もあることから、女性からの人気が高くなっています。また、男性からも知的で硬派に見え、さらにおしゃれと好評です。ラウンド型サングラスは、ストリートからカジュアル、モード系までさまざまなファッションに似合うため、1本は持っておくべきマストアイテムといえるでしょう。

ラウンド型サングラスが似合う顔の形は?

ラウンド型サングラスが似合うのは、「面長」「逆三角形」「ベース型」といった顔型の人です。サングラスは、顔の輪郭によって似合う型が異なります。そのため、輪郭とのバランスを見て選ぶのがおすすめです。ラウンド型は、シャープなフェイスラインとのバランスが良いため、丸顔の人は輪郭の丸みを強調してしまうでしょう。その結果、顔を幼く見せてしまう可能性もあるので、丸顔の人は「大人っぽさ」を印象づけるファッションの際には注意が必要です。

ラウンド型サングラスを選ぶときのポイント

ラウンド型サングラスを選ぶ際、どのようなことに注目すれば似合うのかについて見ていきましょう。

レンズの大きさとフレームの太さ

サングラスを選ぶ際、特に重要なポイントは「レンズのサイズ」「フレームの太さ」です。輪郭によって似合うものが違うため、これらについてはできれば妥協せず、自分に似合うものを選ぶほうが良いでしょう。たとえば、面長タイプにはラウンドの中でも大きめで縦長のレンズがおすすめです。縦長レンズによって顔の長さを和らげ、大きめのサイズ感が顔の縦横の長さをバランスよく見せてくれるでしょう。ベース型は、メリハリがあるフェイスラインなので、太めフレームのサングラスをかけることで骨格が目立ちにくくなり、小顔に見せる効果が期待できます。

逆三角形は、最もラウンド型サングラスが似合う輪郭といっても良いほどマッチするため、特定のレンズの大きさやフレームの太さにこだわる必要がありません。同じ太めのフレームであっても、柄が入っているものはカジュアルさが増し、レンズが大きめのものはラグジュアリーな雰囲気になるなど印象が変わります。知的な印象を強く出したいときは、細めのフレームや小さめレンズのサングラスが効果的です。

レンズとフレームの色

ラウンド型サングラスは、主張が強めなので、「自分をアピールしたい」「視線をサングラスに集中させたい」といったときなどに向いています。さらに、個性的に見せたい場合は、レンズとフレームの色にこだわるのも良いでしょう。たとえば、レンズのカラーは色が濃いほど印象強くなるため、レトロ・ヴィンテージなイメージや気分の時は、グラデーションタイプを選ぶのもおしゃれです。それ以外にも、落ち着いた印象にしたければ、グレーやブラック、スポーティーやストリート系ファッションにはオレンジ・ブラウンがおすすめ。こういった色は、男性も取り入れやすいのではないでしょうか。また、リゾート地への旅行時には爽やかなブルーやグリーン、かわいらしい印象になるピンクも似合います。

フレームカラーは、レンズカラーの逆色にすることでより個性を強めるので、黒にすれば真面目、透明あるいは半透明にすれば軽く、よりファッショナブルな印象に。また、メタルフレームは知的でシャープに見せ、セルフレームはやわらかでレトロ感が出やすいです。個性が強いフレームのひとつには、べっ甲製のものもあります。

フレームの形

ラウンド型サングラスといっても、さまざまなフレームがあります。個性的なファッションを楽しむことができるのが良いところですが、目立ちすぎないようにしたい場合もあるでしょう。はじめてラウンド型サングラスに挑戦する場合は、テンプルの位置が少し上にあるタイプを選ぶのも方法のひとつ。なぜなら、テンプルの位置がやや上になることで、個性を主張しながらもやわらかな印象を与えることができるからです。レンズ周囲のフレームの厚さが薄めのものを選べば、使うシーンも選びません。

逆に、個性を強めたいときにはテンプルがレンズの中央部に近い位置に付いているものを選びましょう。また、レンズ周囲部分が極端に太めのものやレンズを挟んで重ねることで厚みを出したフレームは、インパクトを強める効果があります。ただ、こちらの場合は場所によってはふさわしくないケースもあるので、おしゃれを楽しむことができる場面で使用するのがおすすめです。

OWNDAYSおすすめのラウンド型サングラス!

こちらでは、使いやすく、おしゃれなOWNDAYSおすすめのラウンド型サングラスをご紹介します。

メタル素材がおしゃれ!高級感のある男女兼用サングラス

SUN1059B-0S ¥7,700税込

「SUN1059B-0S」は、テンプルがアセテート素材とメタルのコンビネーションで高級感があるラウンド型サングラス。カラーは、シックなブラック、ブラウンデミ、ブラウン、ネイビーという4色展開です。男女兼用になっているため、ペアでご使用されるカップルもいます。おしゃれなだけではなく、サングラス本来の役割もしっかりと果たしており、紫外線透過0%以下です。

OWNDAYS SNAPの2021年モデル!

SNP1013T-1S ¥12,100税込

「SNP1013T-1S」は、ロングセラーとなっている「OWNDAYS SNAP」の2021年モデルです。メガネフレームにスナップレンズをワンタッチで装着することでサングラスとしても使用することができます。2021年モデルは、流行のフロント形状とトレンドになっているエッジの効いた前掛けが特徴です。フレームのカラーは、ブラック、ゴールド、シルバーの3色。スナップレンズのカラーは、5色展開になっています。

ワンタッチでサングラス!素材も魅力の1本

MM1011B-0A ¥13,200税込

「MM1011B-0A」は、スナップサングラス「SNAP LENS」シリーズのひとつです。Memory Metalのフレームと前掛け部分にマグネットが付いており、スナップレンズをワンタッチで簡単に装着できます。軽くて柔軟なステンレス製フレームは使いやすく、カラーも定番のブラック、おしゃれなゴールドの2色展開です。複数の異なるカラーのスナップレンズがあれば、フレーム1本で気分や場所によってさまざまな印象のサングラスを楽しむことができます。

レトロおしゃれなラウンド型サングラスはギフトにも

ラウンド型サングラスは、個性がありますがフレームやレンズによってやわらかな印象を与えることもできます。メガネフレームにワンタッチでサングラス用レンズを装着できるものもあるため、1本持っておくとファッションの幅が広がるのでおすすめです。また、OWNDAYSのギフトチケットはメガネだけではなく、サングラスにも使用できます。ギフトとして贈り、大切な人にもおしゃれなサングラスを楽しんでもらうのはいかがでしょうか。

記事一覧に戻る
TOP

TOP